ドライブ旅行

家族旅行には大きな車に荷物をたくさん載せて

更新日:

我が家はわたしと家内、長女と次女の4人家族です。

子供たちが幼いころから1年に1回は家族旅行に行って思い出づくりを心掛けてきました。

もちろん、子供たちが小学校低学年くらいまでは3泊4日、または4泊5日でも夏休みやゴールデンウィークに計画的に予定を立てて、行くことが可能でした。

もちろん、飛行機で海外といったことも当たり前でドライブはもちろん、日帰りのロングドライブもありという形で。

ところが、子供たちが大きくなり、習い事を本格的に始めるとなかなかそうもいかなくなります。

それがクラシックバレエでした。

なかなか夏休みといえども休みが確定せず、まとまった休みもなかなかありません。

かつ、家内も子供たちの年齢が一定に達したら働こうということにしていたので正直、家族のスケジュール管理が非常に複雑になり、子供たちが幼かった時のように計画的に旅行に行くことが難しくなったのです。

とはいえ、可能な限り毎年家族旅行にはいきたいという思いをもっていました。

そこで考えたのが車を利用した旅行です。

実際にはカーフェリーを使ったりすれば、十分に遠出することも可能です。

夏休みやゴールデンウィーク、またはシルバーウィークや冬休みの数日間の休みを見つけては宿泊先だけ何とか見つけて、旅行に行くことにしたのです。

それも移動手段はマイカーです。

ちょうど、こうしたことも想定して愛車は2400CCのクロカンを購入していました。

何がメリットかといえば、子供たちも広々とした社内でゆっくり足をのばすことかでき、さらに横もひろびろなのでロングドライブでもまったく苦になりません。

また、家族旅行としてメリットをかじるのが移動中の飲料、または食料を後部のバッゲージに多く積み込めることです。

これは本当にメリットがありました。

では、実際に我が家のプランで実行したものをご紹介したいと思います。

神戸に住んでいるのですが、夏休みにたまたま3日間の休みが家族4人とれることがわかり、急きょ小豆島に行こうということにしました。

実際にはカーフェリーの予約、そして空きのあったホテルを予約するだけです。

ロングドライブと言いながらも実際には小豆島を車で走り回るという感覚になります。

暑い夏のことなので移動中にも非常に飲料の必要性も感じますが、購入したうえで移動していますから、自動販売機、コンビニなどでわざわざ購入する必要もありません。

というより、小豆島にあまり販売店がないのでマイカーに積み込んで移動していてよかったなと思いました。

次に1泊2日の余裕が出た際のグランピングです。

これこそ、本当にマイカーがあってよかったというわけです。

コテージに泊まり込むにしても屋外で遊ぶためのバトミントンのラケットや縄跳びといった小物も持ち込めますし、お酒からお菓子まですべてマイカーの後部に積み込めるわけです。

実際にはロングドライブと宿泊を楽しむにあたって、マイカーの選択はこれが正しかったと思いました。

さらに最近は家内と二人でもロングドライブに宿泊付きで行くことも増えました。

1泊2日の食事つきの旅館に出かけて、観光も楽しむパターンです。

実際に観光地に行っても車で移動したほうが色ロなところに行けるものです。

歩いて回ったほうが良い場合にはホテルや旅館にマイカーを留めたままにしておけばいいのですから。

実際にコスト面で考えた場合も家族4人、または家内と2人で移動した場合、新幹線や飛行機で移動したコストと照らし合わせてもガソリン代、高速道路代のほうが常に安くなっています。

また、私も家内も運転が苦になりませんので交代で運転することにすれば、ロングドライブでもさほど大変さを感じることもないのです。

子供たちも大きくなれば、これからは家内と二人のロングドライブと旅行の組み合わせでの楽しみが増えそうです。

-ドライブ旅行
-

Copyright© grusskarten mit bibelversen fur autos , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.